船舶免許を取得したい方へ

船舶免許は正式名称を「小型船舶操縦免許証」といいます。免許には種類があり、一級・二級・特殊のように操縦出来る範囲は船の種類によって異なることを、あらかじめ知っておくべきです。船舶免許の取得は、それほど難しいものではありません。ただし、船舶免許はれっきとした資格ですから、受験が必要となります。

免許取得のためには、小型船舶操縦士国家試験を受験し、合格することが条件です。もしくは、登録小型船舶教習所が近くにある場合は、そこで一定期間国家試験と同等の内容の学科と実技を学ぶことが出来ます。最後に実施される修了試験に合格すれば、国家試験を受けずとも船舶免許が可能です。この登録小型船舶教習所が近くにある場合は、活用することをおすすめします。

一般的な方法は、ボート教室などで船舶免許受験コースを選択し、国家試験を受験する方法です。費用はそれほどかかりません。一般的な教室であれば、免許の入り口とされる二級の取得の費用はおおよそ8万円程度で済みます。これは講習料と申請手数料を合算した上の価格です。

この金額で国家試験の合格を目指せるのであれば、非常にお得と言えるのではないでしょうか。免許は更新制となっていることも、覚えておきましょう。交付日より5年間が免許の有効期限です。更新手続きは有効期限の1年前から手続きをすることが出来ます。

車の免許のように、特別な通知が来ることがないので自分自身で管理する必要があることを、覚えておくべきです。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です