特殊小型船舶免許で水上バイクに乗る

水上バイクの楽しさは、乗ったことがある方にしかわからないかもしれません。兎に角あのスピードは素晴らしいですし、90キロから100キロ近く出ることもありますので、爽快感と刺激も手に入れることが出来るでしょう。今まで体験したことがないという方は、まず後ろに乗せてもらうところから始めていくことをお勧めします。そもそも後ろの席にしかのることはできないですし、免許が必要になるからです。

後ろの席であれば沖縄などのスポットでも体験コースが用意されていることもありますし、マリーナや湖などでも行われていることがありますので要チェックです。そのスピードと爽快感に病み付きになったのであれば、今度は操縦のための特殊小型船舶免許を取得していきましょう。この免許は船舶免許という言葉がついているだけに、国家試験が必要だったりしても難しそうというイメージもあるかもしれません。しかし意外と簡単にとれてしまいますし、まずは内容をチェックしていきましょう。

教習所コースと国家試験受験コースと大きく分けると2つあります。ちなみに教習所コースにすると、規定の6時間の学科講習を受けたり実技講習を受講すれば修了審査で終わるので国家試験が免除になります。それがとても大きなメリットですし、合格率の高さをみても教習所コースを選ぶ方が多いのは納得です。特殊小型船舶免許が取得出来れば水上バイクの操縦が出来るようになりますのでまずは取得していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です