船舶免許の概略について

車やバイクを趣味で楽しむ人の延長線で、今度は水上スポーツに挑戦する場合があります。自分で運転して楽しむ場合にはエンジンや船の大きさに対して免許が必要になるので、取得してから購入計画などを実行することがお勧めです。取得の目安は一級が4日間で二級が2日間、特殊小型で1.5日で試験に合格すると通常は約2週間程度で船舶免許が発行されることになります。どの免許を取得すればいいの分からない場合には、インターネットで調べれば詳細に関しての情報があるので参考にするのがいいかもしれません。

概略的には水上オートバイなどの小型なモデルは特殊小型船舶免許、湖などで小型のボートを運転する時の区分が湖川小出力限定の免許、海では二級と一級が該当します。通常ならば二級船舶を持っていれば十分ですが、大型船や外洋セイリングなどを楽しみたい場合には、一級を持っていなければなりません。受験を受けるには条件があり、年齢は二級以下なら満15歳9カ月以上であり、一級ならば満17歳9カ月以上になっていないと資格がないことになります。視力は0.5以上で色覚において船舶の灯火の確認が出来て、航路標識を識別できることが条件です。

張力は5メートル以上の距離での会話、70.5デシベルの汽笛笛の音が分別出来ることが最低条件になります。船舶免許は法令の改定や自身の身体能力の変化などを顧みて、5年後ごとの更新を受けなければなりません。身体検査に合格して講習を受けてから、受験料や検査料を納付して更新発行がされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です