船舶免許で無駄なくゴールしたい

船を操縦するならば、ぜひとも船舶免許を取得しておきましょう。船の少女といっても、手漕ぎボートなどは特に免許は必要ないですが、モーターがついているものは自動車の運転をする場合と同じように勉強が必要になります。免許証取得するための勉強方法はいろいろありますが、上手な人とそうでない人で分かれてくるでしょう。はっきり言えば、学生時代の勉強がそのまま反映されると言っても良いかもしれません。

勉強のできる人とできない人は頭の違いと言う人もいますが、実はあまり頭が関係ありません。確かに頭の違いはあるものの、相当ハイレベルな戦いでそれが出てくるだけで、船舶免許の場合や自動車の運転免許の場合その勉強の仕方に関して頭の良し悪しはそれほど関係ないでしょう。それよりも、もっと合理的にやることを念頭におけば、いわゆる今まで勉強ができなかった人でも比較的簡単に合格ができます。その基礎となるのが、8割と2割の法則と呼ばれるもので、これはどのようなものかと言えば船舶免許の勉強で重要なものは全体の2割しかないと言うものになります。

例えばテスト範囲のうち8割は重要なものではないため、これは後回しに勉強すれば良いと言うことになるわけです。一方で重要な2割は確実に頭に入れておけば、この2割部分再勉強しておけばほぼ合格できると言うことになります。このように理屈上では、重要な2割を見極め、それだけ勉強すれば合格する流れです。テストといっても、百点合格をしなければいけないわけではないため、このように合理的なやり方をすることで、無駄なく合格できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です