船舶免許があればある乗り物も手に入る

自動車やバイク、さらにはトライクなどを所有されている方は多いことでしょう。日本は世界屈指の乗り物大国となっており、地域に見合った乗り物を開発して所有をすることも可能です。たとえばゴルフ場であれば、電気で動くカート車両というものが普及をしており、道具一式を詰め込んで移動をすることもできます。または小型マイクロバスだと、保育園や幼稚園の送迎に活用をされているものです。

陸だけでなく海専用の乗り物もあり、船がその代表格といえます。1950年までは、船舶の小型・中型までは船舶免許がなくてもどなたでも操縦をすることができました。ところが海上保安庁が設立をされ、新しく海上保安法という法律が誕生してからは、すべての船舶で船舶免許を持たないと操れなくなったわけです。現在では漁師という職業に従事をされている方は、全員が船舶免許を持たれています。

ここでは船舶免許を手にすることで、あるマシンを手に入れられる点をご紹介しましょう。そのマシンとは、ジェットバイクです。若い世代に絶大な人気を誇っており、夏になると海岸で猛スピードで駆け抜ける光景を目にすることもできます。陸上のバイクと同じく、レース競技も実施をされており、海風を身体全身で浴びながら運転をすることができるものです。

船舶免許では小型に分類をされるライセンスで、15時間の学科講習と計1時間の技能テストのみで手に入れられます。免許があればいつでも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です