船舶免許は本当に数日で取得できるのか

小型船舶免許を取得するには、たいていの場合はスクールに通って学科と技能の講習を受けます。船舶免許を取得するには国家試験に受かればいいので、独学という方法もありますが、実技の勉強はやはりスクールに通わないと不可能なので、スクールに通うのが一番の近道です。スクールを探してインターネットなどで検索すると、よく「最短5日で船舶免許が取得できる」というような広告が目にとまります。これを見て、そんな短い日数で取れるのかと思う人も多いでしょうが、実際はもっと時間がかかると考えた方がいいでしょう。

「最短3日」とか「5日で取れる」というのは、あくまでも講習の日数のことです。学科講習の方は、やる気があればサクサク進めていけるかもしれませんが、実技講習の方はそうはいきません。実技講習の日程などはスクールの方で決められていて、予約を取る必要などもありますから、自分の思い通りにどんどんやれるというわけではないです。普段は仕事をしていて平日は通えないという人だったり、スクールが混雑していたりすると、講習を受けるのにかなり時間がかかってしまうかもしれません。

講習を修了して国家試験を受ける場合も、日程調整で手間取ってしまうこともあります。結局のところ、船舶免許を取得するためには、1ヶ月程度はかかると見ておくのがいいでしょう。海のレジャーの予定に合わせて船舶免許を取得しようと考えているなら、なるべく早めに動き出す必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です