小型船舶操縦士になる船舶免許

テレビで芸能人が、自前の船やチャーターした船を運転してマリンレジャーを楽しむシーンをよく見かけることがあります。その中で、免許を取ったと口にする場面も見受けられます。この免許が小型船舶操縦士になるための船舶免許というものです。この免許は、国家資格なので、国家による試験をパスしなければ得られない資格です。

免許には4種類の区別があり、釣りやセイリングを行うための一級免許と普通免許である二級・湖など限定の二級・水上バイクなどの超小型の特殊小型免許です。これらは、排気量等で区別している分けではなく、使用される場所や陸からの距離の長さで区分している免許です。国家試験では身体検査の他に学科検査と実技検査がありますが、実技を免除する資格もあります。身体検査では、事故回避のために視力が一定程度あることが求められます。

これは矯正視力でも構いませんが0.5以上が必要です。次に色覚の力ですが、夜間の航行を想定して船舶の灯火の色が識別できる能力が必要です。色覚に自信のない方については、昼間の時間を限定した免許も用意されています。さらに、聴力においては5m以上離れて話している人の声が聞こえなくてはなりません。

一級で18歳、その他で16歳になった日から船舶免許が与えられ運転をすることが許可されます。レジャーシーンを広げるためには、少しの努力をして資格を得て活動の場面や可能性を広げることが必要です。船舶免許を目指す価値は十分にあります。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です