何か資格に挑戦したいなら小型船舶免許

自分には何主人に自慢できる資格や免許を持っていなく、自信喪失している人がいます。そして何か自分も得意と言えるものが欲しいと常に官挙げている人も多いです。人に自慢でき、得意と胸を張って言えるには、難易度の高い資格に目を付けがちです。しかし難易度の高い資格は、自分が本当に興味関心があったり、確固たる目的意識がなければモチベーションも維持できず勉強も途中で挫折してしまうのが一般的です。

たとえば、海が大好きでマリンレジャーを楽しむことが好きな人であれば、その延長線上にある免許や資格を勉強してみると良いのです。自分が興味関心がある延長上のことは、前向きにモチベーションを維持して勉強に向き合うことができるんです。具体的には小型船舶免許取得などがおすすめです。短期間の教習で、実技と学科を指定の学校で受講すれば、国家試験免除で小型船舶免許を交付してもらえるんです。

具体的には特殊小型船舶免許では特殊学科が6時間、実技が1.5時間必要です。1級は学科が24時間で実技が4時間、2級に関しては12時間の学科と4時間の実技が必要になるんです。取得するランクによって船を操縦できる海里が変わってきます。特殊に関して\は素性バイクやジェットスキーの操縦に限られるんです。

そして大切なのは受講資格の年齢に達していることです。1級は満18歳以上であること、2級と特殊は満16歳以上であることが必要です。小型船舶免許は難易度も低く、勉強期間も短いわりに持っていると人に自慢できる資格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です