小型船舶免許の取得方法とは

船を操船するためには、小型船舶免許が必要です。具体例をあげますと、一級小型船舶操縦士免許や二級小型船舶操縦士免許などを取得しておかなくてはなりません。一級小型船舶操縦士免許は、エリアを問わずに操船が可能となる船舶免許です。国内のほか海外でも船になりたいという方はこちらの免許の取得を目指すのも良いかもしれません。

ただし、一級小型船舶操縦士免許は難易度が高いのが特徴です。しかも、国家試験の受験可能年齢が満17歳9か月という年齢制限が設けられています。受験日までにこの年齢に達していないと受験することができません。小型船舶免許を取りたいと思っている方は、まずは二級小型船舶操縦士免許から目指してみるのも良いのではないでしょうか。

二級小型船舶操縦士免許の国家試験の受験可能年齢は、満15歳9か月です。一級小型船舶操縦士免許よりもやや優しい試験となっていますので、チャレンジしやすいことでしょう。優しいといってもそれなりの勉強が必要です。小型船舶免許を取りたいと考えている方は、ボート専門の教習所へ通ってみるのも1つの方法です。

小型船舶免許取得コースを受講すれば、専任インストラクターの指導のもとで、基礎から応用までの知識を効率よく身につけることができます。教習所によっては、教習を受けた会場で国家試験の実技試験を受けることも可能です。全国各地にたくさんの教習所がありますので、通いやすいところを選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です