費用を抑えて小型船舶免許を取得するには

小型船舶免許を取得するには国家試験に合格するか、登録小型船舶教習所の修了試験に合格しなければなりません。前者は独学でも受験可能ですが、後者は一定の学科・実技教習を受ける必要があります。国家試験を独学で合格できれば最も費用を安く抑えることができます。ただし独学だと実技の練習ができないため合格するのは困難です。

多くの受験者は実技のみスクールで指導を受け、学科は独学で受験するというスタイルを選んでいます。独学だと実力を養うまでに多少の時間がかかりますが、絶対に合格できない難易度というわけではありません。最も効率的に小型船舶免許を取得したいのならば、登録小型船舶教習所に通うとよいでしょう。この施設はあまり数が多くないものの、プロから指導を受けて確かな実力を身に付けることができます。

修了試験と国家試験の難易度はそれほど違いがなく、前者に合格すれば後者は免除されます。最も難しいとされる一級区分をこの施設で取得する場合、教習時間の目安は学科が24時間以上で実技は12時間以上です。ジェットスキーを操縦するために必要な特殊区分の場合は、学科が6時間以上で実技が1.5時間以上とされています。国家試験は免許スクールで講習を受けてから受験するのが一般的なスタイルです。

スクールで一級区分を取得する場合の受講時間の目安は学科が1日から2日実技は半日から2日とされており、特殊区分の場合は両方とも半日となっています。いずれの施設を選んでも短期間で小型船舶免許を取得することが可能です。小型船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です