水上バイクに乗りたいなら特殊小型船舶免許

水上バイクの人気はここ数年でまた上がってきていますし、注目すべきはコロナ禍でも楽しむことが出来るという点が挙げられます。密を避けて乗ることが出来ますし、同乗者が家族であればなお安心です。もちろん一人であれば何も問題はないですし、解放された所で乗れますので感染リスクはかなり低いです。ちなみに水上バイクの後部座席であればだれでも乗ることが出来ますが、操縦刷るということになりますと特殊小型船舶免許が必要になります。

1級2級の小型船舶免許がありますが、そちらは船舶の操縦ということになりますが、水上バイクに関してはその免許を持っていても操縦する事は出来ません。まずは決められている免許を取得していくことから始めていきましょう。認定されている教習所は色々な所にありますが、近くでまずは探します。マリーナなどに教習が出来る所がありますのでそこを探してみると良いです。

料金は6~7万円というのが相場で、学科をカットして1日コースにすると少し高くなることもあります。サイトに行けば料金も掲載されていることが多いので、まずはネットで調べてみて下さい。特殊小型船舶免許の試験は、学科はマーク式で後は実技があります。それに加えて身体検査がありますが、合格すれば即日免許を交付して貰う事が出来ます。

とてもスピーディーな流れですし、取っておくと便利です。自分で水上バイクを購入できなくても、レンタルのサービスを利用すれば気軽に乗れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です