ファクタリングで即日資金調達を実現

  • 小規模事業者におすすめなファクタリング

    • ファクタリングは、会社や商店などが保有している債権を第三者に譲渡することでキャッシュを得られる資金調達法です。具体的な対象となるのは、商品を販売したりサービスを提供したりしたもののまだ受け取っていない代金、すなわち売掛金です。
      これを専門事業者に譲渡すると、事業者は額面から一定の手数料を差し引いた額を現金で支払います。

      おすすめのファクタリングに対する期待が寄せられています。

      その対価として、売掛債権を回収し、自分のものとする権利を得ます。



      利用する側にとっては、売掛金の入金サイクルを早めるのと同様の効果が得られるため、短期の資金繰りを改善したい場合などにおすすめです。ファクタリングによって利用者と事業者の間に発生するのは、貸借関係ではなく売買関係です。



      そのため、担保や保証人などを必要としません。また、利用時には審査がありますが、事業者側においてもっとも重視されるのは売掛金が確実に回収できるかどうかです。
      こうしたことから、ファクタリングは融資による資金調達が難しい企業等におすすめです。
      不動産などの担保が不要なうえ、自社が十分な信用情報を持っていなくても、売掛先の信用度が高ければ利用することが可能です。
      手数料の額も債権回収の確実性に応じて変動する傾向があるため、たとえ自社の事業規模が小さくても、名だたる大企業や官公庁などを取引先に持つ企業等には特におすすめの資金調達法であると言うことができます。
      ただし、利用の仕方次第では売掛先にファクタリング利用の事実を知られることになるので、その点は注意が必要です。